沿革

昭和22年 6月港湾荷役作業、海陸運送業、倉庫業を営業目的として設立(資本金18万円)
昭和22年10月神戸税関貨物取扱人免許を受ける、のち法改正により小松島税関支署内における通関業許可を受ける
昭和23年 7月小松島新港に倉庫2棟を新設、倉庫業を開始、のち法改正により倉庫営業許可及び倉庫証券発行許可を受ける
昭和26年 8月小松島港における一般港湾運送・船内荷役及び沿岸荷役各事業の政府登録
昭和33年11月徳島市万代町に徳島営業所を開設、倉庫営業を開始、貨物運送取扱事業(1種利用・内航海運)許可を受ける
昭和39年 4月貨物運送取扱事業(1種利用・内航海運)許可を受ける
昭和42年 3月増資により払込資本金4200万円となる
昭和42年 8月一般区域貨物自動車運送事業免許を受ける
昭和44年 7月徳島港における一般港湾運送・船内荷役及び沿岸荷役各事業免許を受ける
昭和48年 6月徳島市津田海岸町に津田営業所を開設
昭和49年 3月船舶代理店業務を開始
昭和49年 7月阿南市橘町に阿南営業所を開設、倉庫営業を開始
昭和50年 5月四国電力阿南発電所内に駐在事務所を開設、船舶代理店業を開始
昭和57年 9月四国高速運輸との共同出資によりサンキュー運輸を設立
昭和60年 3月自動車運送取扱事業の登録、のち法改正により貨物運送取扱事業(第1種利用・自動車)許可を受ける
昭和62年 6月軽車両等運送事業(のち貨物軽自動車事業)を開始
昭和62年 9月末広(現徳島)営業所においてトランクルームサービスを開始
昭和63年12月小松島市小松島新港に流通センターを開設
平成 7年 6月徳島小松島港コンテナターミナルにコンテナ事務所開設、高麗海運日韓定期航路・日本総代理店コスモスマリタイム、(現高麗海運ジャパン)徳島港代理店業務並びコンテナ荷役作業の営業開始
平成23年 3月徳島小松島港コンテナターミナルの赤石地区移転に伴い事務所移転
平成25年 3月一般貨物自動車運送事業経営許可を取得し同年11月より営業開始
平成27年 3月共同汽船から四国高速運輸へ株式譲渡され同グループ会社となる
阿波国共同汽船 阿摂航路 貨客船あきつ丸(1,038t)

阿波国共同汽船 阿摂航路 貨客船あきつ丸(1,038t)